過払い金の返還請求(過払い請求)の時効は、最後に借金を完済をした日から10年です。
借金を完済してから10年以内の方は、消費者金融・クレジットカード会社に対して、過払い金(払い過ぎた利息)を返還するよう請求することができます。
そして、10年以内に完済した方は、今から遡って10年分の取引で発生した過払い金はもちろん、最初の借入日まで何年でも遡って過払い金を返還するよう請求することができます!
決して「今から10年前までの取引で発生した過払い金についてだけ、過払い請求できる」という意味ではありません。 
(但し、取引途中で完済をしている場合には、それ以前の取引で発生した過払い金については、過払い請求が認められない場合もあります。)